プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
プロのお仕事
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

ある工事現場での出来事です。

地上10メートルほどのがけの中腹で
その彼は作業をしていました。

と、突然、同僚に向かって
「あ、そこの水糸取って!」
と。

声をかけられた同僚の彼は、

「おう!」

と一声応えて、足元にあった水糸
(工事現場で使うビニールの糸)を拾い上げると、
がけの彼に向かって、ひょいッと。

がけの彼は何食わぬ顔で
パシっとキャッチ。

ふたりはまた何事もなかったように作業に集中。

でも・・・
声をかけた同僚がいたのはがけ下から直線距離で
30メートルは離れている工事現場の入り口だったんです!!

工事現場
(がけの彼がいたのは、建設会社の看板があるあたり。
入り口の彼がいたのは、警備員さんが立っているあたり)

ええっ!? そこから投げて渡すの?
頼む方も頼む方だし、投げる方も投げる方でしょう。

でも彼らにとっては全くフツウのことだったらしく、
いやでも、どんなレーザービーム!?

絶対、甲子園でたことあるにちがいない!!

プロのお仕事でした。



スポンサーサイト
2009.05.22 Fri | 家を建てる | T:0 | C:0
博打のような工務店選び
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

最近、マイホームのコンサルタントをしていらっしゃる方との
出会いがありました。

その方のよれば、しかるべき知識や技術をもった工務店は
全体の4~5%にすぎないのだそうです・・・!

ええっ! ということは、3、4社に見積りをとる、
という程度では“バクチ”のようなものですよね。

これは契約するのが大手ハウスメーカーでも同じこと。
結局工事そのものをやるのは、下請けの工務店なのですから。

さらによく言われることですが、大手ハウスメーカーの場合、
代金の35~50%はメーカーの取り分だそうですから、
下請け工務店のモチベーションはさらに下がるでしょう。

こうした工務店の知識や技術のなさがもっとも現れるのは
建物の骨格である構造の部分。
つまり、壁を作って外装や内装を施してしまうと
わからなくなってしまう部分なのです。

すぐに「負けた」ことがわからないバクチ・・・とういわけです。


弊社のお客さまにも何年か前のいい加減な工事の代償を
現在払うことになり、とても苦労していらっしゃる方がいます。

その方はその後、猛勉強してDIYの知識と腕前をあげ、
直せるところはご自分で直し、
直せないところは業者に頼んでいるのですが、
「職人のやる気のなさ」、
垣間見えてしまう「ぼったくり精神」に
心底うんざりなさっています。

でもそれが見えるのもご自分の知識が増えたからでしょう。

今のところこのバクチに勝つには、
自分で猛勉強するか、
第三者的なプロのアドバイザーに頼るか、
が最も有効な方法のようです。

2008.09.30 Tue | 家を建てる | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。