プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
はめ殺しの窓の家
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

インターネットである質問ページを読んでいたところ、
「浴室やトイレの窓をFIX(はめ殺し)にしない方がよい
理由がありますか」という質問を見つけました。

女性と思われる質問者は、自宅新築を計画中で、
すべての窓はFIXにして、24時間換気、
24時間全館冷暖房システムを採用する予定の方。

この方は、
「熱交換も集塵も除菌もしていない外の不快な生の空気は
できるだけ家の中に入れたくない」そうです。


まさに目からウロコでした。

そういう考え方もあるのか~と。

四六時中、飛行機の中か新幹線の中のような
換気はされていても密閉状態なんて
耐えられない、と私などは思うのですが、

ある人にとっては、窓から流れ込む自然の風は
「集塵も除菌もされていない空気」なんですね・・・

ただ、こういう話を聞くと思い出すのが、
川に飛び込んで遊んでいたタイの子どもたちの姿。

あの川に日本人が飛び込んだら一発で
おなかをやられます。死んでしまうかもしれません。

あまりにも清潔な環境にいることで、
わたしたちの体は間違いなく耐性をなくしているでしょう。

そんなところに近づかなければいいし、
マスクやら抗菌剤やら、「防衛」グッズを使えばいいのかもしれません。

でもなんか、不自由だな~、面倒くさいな~、
と私は思うのですが、
それは人それぞれ、大きなお世話ということなのでしょう。








スポンサーサイト
2010.07.12 Mon | 生活 | T:0 | C:0
名前を言ってはいけないあの虫
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

先日、高校生の子どもの部屋で
名前を言ってはいけないあの虫が出没しました。

黒光りする平べったい彼です。

彼が登場すると家中のテンションが上がります。
(いや、むしろ下がっているのか?)

その彼は天井方面へ逃走し、
壁と天井との境部分を並走していきます。

殺虫剤のない我が家では、
武器はもっぱら丸めた新聞紙。

が、境部分のため、うまくヒットしません。
と・・・突然、彼は天井際から飛んで逃走!!!

前線から離れ、後方で指示を出していた
(つまりワーワー言うばかりで逃げ腰)
子供の方に向かって飛翔したのです。

突然のことに、子どもは声を立てることもできず、
ほとんどフォースの力で横にひとっ飛びし、
彼との接触をタッチの差で交わしました・・・

モノが言えるようになったときの第一声は、
「目の高さで正面から顔を見て、目が合った」
でした!!!!



2010.07.05 Mon | 生活 | T:0 | C:0
ウイルスと辞書
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

先日、仕事用のPCがsecurity toolというウイルスに
感染しました。後で調べたところ、トロイ系のスパイウエア
らしく、いつ感染したのか定かではありません。

突然、
「あんたのPCにはこんなにいっぱいウイルスに冒されているから
さっさと除去せんと、すんごい大変なことになるぜ」と
英語での警告文が現れ、「ほら、こんなに!」的に
感染しているウイルスのリストが現れます。

勝手に忍び込んだファイルを探し出し、削除したものの
CPUの稼働率が100% MAX状態で、あらゆる動作が
重い重い!

動作は重いものの、ネットでなんとか調べてみると、
どうやら昨年末ごろから流行っているウイルスらしい。

幸いにも駆除方法を見つけることができました。
が、すべて英語のサイト。

すでに駆除された方が日本語でその顛末を
説明してくださっているのですが、どうやら
少しずつパターンが異なり、結局、英文を読み込む
しかありません。

英文自体はまあ、そんなに難解なものではないのですが、
ところどころ単語がわからない。

辞書で調べてみたのですが・・・

その辞書は数十年前、中学入学時に購入したもの。
当時、もちろんコンピュータという単語はありましたが、
当時のコンピュータのイメージは、
四角い金属の大きな箱で、計器がたくさんついており、
色とりどりのランプが点滅。

作動音はもちろん、カタカタカタ・・・です。
そしてそれを操るのは、御茶ノ水博士のような
白衣の科学者、というきわめてファンタジーな
マシーンだったわけです。

そんな時代の辞書に、コンピュータがパーソナルな
ものになった時代のコンピュータ用語が載っている
わけもありません。

いやだから、reboot って何すればいいの!?

と思いつつ、たいした選択肢はないので、
適当にボタンを押していったところ、
なんとか、大部分は除去できました。

ちゃんとバックアップを取っておかなくては、
とPCの調子が悪くなるたびに思うのですが、
調子が戻ると、「のど元過ぎれば・・・」の繰り返しです。


それにしても、こんなの作る力や能力があったら、
もっとそれを役立てる方向に使えばすごいことが
できるでしょうに、と思わずにはいられません。










2010.02.05 Fri | 生活 | T:0 | C:0
電車の中でヒゲそり・・・!
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

電車の中で、臆面もなく化粧する女性の話は
もはやめずらしくありません。

しかし・・・

ヒゲ剃りする女性はさすがに・・・


隣に座っていた20代だと思われる女性は、
おもむろに化粧ポーチから眉毛用の
先が丸くなっているハサミと鏡を取り出すと、

いきなり、鼻の下を伸ばして、
ヒゲ(というか、まあ濃い目の産毛?)を
カットし始めたのです!!

いやいやいや・・・!
それはあんまりにも間抜け顔すぎるんじゃないか?
いくらなんでも家でやっておいでよ。

性格の悪い私は、隣でそんな彼女を凝視しましたが、
そんなの彼女は知ったこっちゃありません。

チョキチョキチョキ
ついでに眉毛もお手入れして、
ついでにあごのあたりの濃い目の産毛も
チョキチョキして。

とうとう顔中にハサミを当てた挙句、
慣れた手つきでティッシュでカットした毛をふき取って、

そこからは、お化粧のフルコース。
まるで別人のできあがり、

って、それってどうなの!?


常に性格の悪い私は、
こうしたお化粧中女性を見るたびに、
彼女がマスカラを塗り始めるたびに、

電車が急停車して、
マスカラが目の周り中にべったりついたら
さぞ、おもしろいのにな~、と
急停車を期待するのでした。

2009.11.27 Fri | 生活 | T:0 | C:0
うちにいた犬
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

小さい頃実家では、犬を飼っていました。
「キュウ」という毛の長い大型の犬で、
9番目の犬、という意味です(とても安易)。

あの頃は、犬に向かって「散歩行っておいで!」というと、
一匹で飛び出して行って、好きなところでトイレもし、
好きなだけうろついて帰ってくる、ということが
許されていたなんともカントリーな時代でした。

その当時、もう1匹犬を飼っていたのですが、

私は真っ白な犬で「シロ」という名前だったと言い、
弟は真っ黒な犬で「クロ」という名前だったと言い、
母は茶色のムク犬で「ムク」という名前だったと言い、
父は「もう1匹犬なんていたっけ?」と言います。

父はまあ置いておくとして、
どうやら毛の色に直結する名前をもった犬だったことは
皆記憶しているのですが、しかし何色だったの?
という点でみんな勝手な記憶を作り上げている模様。

常日頃、過去に対する私の執着のなさ
(記憶力のなさともいいます)にあきれている夫は
この話に「親兄弟みんなそうなのか・・・」と絶句。

キュウが交通事故で亡くなったことは
全員覚えているのですが、さてもう1匹は
どういう最期を迎えたのか・・・
誰も覚えていません。

こうなると父の意見が正しいのかも。
じゃあ、みんなの記憶にいる白や黒や茶色の犬は
なんなのでしょうねえ。

2009.10.06 Tue | 生活 | T:0 | C:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。