FC2ブログ
プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
ガイナと結露
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

【ガイナ】には断熱・遮熱効果だけでなく、
結露防止もあります。

その結露防止効果を狙って、【ガイナ】を
内壁に塗布なさったお客さまをご紹介します。

結露がひどく、リフォームしようと玄関の壁紙を
はがしたところ、あまりの結露のために、
コンクリート下地にはりつけてある石膏ボードが
ぼろぼろになっていらしたとか。

当初は【ノン結露】の使用をお考えになって
いらっしゃいましたが、弊社との検討の結果、
まず【ガイナ】で試してみて、それでも結露が
できるようであれば、【ノン結露】を塗る、という
結論に達しました。

【ノン結露】の方が高価ですので、こうしたやり方で
様子を見て、結露が改善されない場合に、
【ノン結露】の上塗り剤のみを後から塗布する、
ことも一案です。

さて、結果は・・・

081126ogawa.jpg
小川邸マンション 淡いレモンカラーで明るい雰囲気>

もっとも結露がひどかった玄関と玄関横の洋室には、
内壁はもちろん、コンクリートの下地にも【ガイナ】を塗布。

コンクリートの下地に【ガイナ】を塗った時点で、
コンクリートのひんやり感がすっかりなくなり、
これは効き目がありそうだ!という感触をもたれたとか。

そして今ではこれらの場所が、もっとも結露しにくい場所に
なっているそうです。

【ガイナ】でこれほどの結露防止効果があるなら、
【ノン結露】はどれだけすごいことか!、
とのご感想をいただきました。

結露でお悩みの方、DIYでも簡単に塗れます。
試してごらんになってはいかがでしょう。

スポンサーサイト
2008.11.26 Wed | ガイナ | T:0 | C:0
肩こりは気のせい
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

どうやら肩がこりすぎて熱まで出てしまったので、
友人の勧めで整骨院に行きました。

そこで聞いた話によると、
「肩こり」は自覚症状を伴わないと「肩こり」に
ならないのだとか。

どういうことかというと、

私は「自分は肩こりしない」とず~っと思っていましたが、
近年では美容院などに行くたびに、
「すごい凝ってますね」と。

そう、肩こりはその人が「自分は凝っていない」と
思えば、どんなに客観的にみて肩がごりごりに
硬くなっていても、それは「肩こり」ではなく、

また逆に、どんなにやわらかい肩をしていても
「私は肩こり」と思えば、それは「肩こり」
なのだそうです。

へえ~。

つまり、どんなに肩が凝っていても、
気がつかなければ、「ドンマイ!」
なわけです!!




しかし・・・

寝た子は起きた。

おりしも冬。
とてもここには書けないほど厚着をするために、
腕やら肩やらを動かせなくなり、
寒さも手伝って、肩は冷凍保存状態。

膨大な暖房用のエネルギーをかけない点ではエコですが、
リュクスには程遠い状態です。


2008.11.20 Thu | 生活 | T:0 | C:0
ガイナのパネルを作ってみようかと
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

寒くなってきました。
とりわけ北向きの子ども部屋は
毎年のことですが、天然冷蔵庫になりつつあります。

「寒くて勉強できない!」という絶好の言い訳にも
なっています。

なんとかならないか・・・と、
今年はガイナを塗ったパネルを作ってみようと
思います。

ある程度の大きさのベニヤ板にガイナを塗るだけですが、
勉強机の周りを囲うように置いたら、
足元の冷えを少なくすることができそうです。

あるいはベッドマットレスの下に敷いてもいいかも。
寒い部屋だとマットレスの中を冷たい空気が
ひたひたたまっているのを感じます。
おそらくこの感じがなくなるのでは。

近いうちに作って、実験してみようと思います。

2008.11.10 Mon | ガイナ | T:0 | C:0
ガイナは断熱もできる!
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

今年の夏前には、遮熱塗料のテレビCMが流れ
遮熱塗料を知る人が一気に増えました。

また9月中旬には報道ステーションで
遮熱塗料(番組では高反射率塗料と言っていました)の
特集が組まれ、関心を持った人も多かったでしょう。

ところで、ガイナのメーカーである日進産業は、
ガイナを「断熱効果ももつ遮熱塗料」と考えています。



「断熱効果をもつ」・・・ってナニ?

断熱と遮熱となにが違うの?


ガイナを外壁や屋根に塗って、
夏の日光をはね返し、熱を屋内に入れない効果は
遮熱(この場合は反射)の効果です。

一方、断熱効果は主に冬、とりわけ
内壁に塗ってある場合に発揮されます。


ガイナのメーカーである日進産業のショールームで
体験できる実験の1つに、
厚さ3~4ミリの鉄板の片面にガイナを塗り、
冷凍庫でキンキンに冷やしたものを触ってみる、
というものがあります。

氷のように冷たい鉄の感触を手の平に想像しながら、
ガイナを塗った面を触ってみると・・・


これが、拍子抜けするほど冷たくない。
もちろん、温かくはないのですが、
「冷たっ!!」という感じはまったくありません。

それは外断熱の最も代表的な材料である
発泡スチロールをきんきんに冷やしてから
触っても「冷たっ」とならないのと同じ感じ。

それが断熱材の役割。

鉄を触って冷たく感じるのは、手の熱が
冷たい鉄にどんどん移っていく
(つまり失われていく)からです。

逆に断熱材は、手の熱が移っていく(失われる)速度が
遅いので、あまり冷たさを感じないわけです。


冬に外気温が下がると当然、屋根から壁から
すべて冷たくなります。

そこにガイナが塗ってあると、
たった0.5ミリの厚みで室内の暖めた空気の熱が
その冷たい壁に移っていくのをカット。

そのうえ、熱を反射するので、
暖房効率が格段にあがるわけです。

これはコンクリートの壁に塗るとよくわかります。
あの真冬のコンクリートのひんやり感が
すっかりなくなります。

これがガイナの断熱効果です。

2008.11.01 Sat | ガイナ | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。