プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
消費者にはわからないようにしてね
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

企業が作ったカタログや広告には
よいことが大きな字でずらりと並び、
都合の悪いことは片隅に小さく・・・
は、今や常識です。

都合の悪いことはたいてい注釈という形で書かれていることが
多いのですが、それは専門用語を駆使してあったり、
あえてわかりづらい、あるいは曖昧な表現だったり。

最近見つけた広告では、

「【註】塗装色グレー(4000N)の場合、
波長1600nmの赤外線を約50%反射。」

これは、建築系の業界誌に掲載された
とある有名企業の子会社の広告にあるキャッチコピー
「赤外線を50%もカットする遮熱効果」の
注釈として書かれているものです。

「波長1600nm(ナノメーターと読みます)の赤外線」・・・?

って何?

建築業界の人だって、「波長1600nm」と聞いて、
すぐにわかる人は少ないのではないでしょうか。

「波長1600nm」って、つまり「近赤外線」のことなんです。

なら、そう書けよ!ってなもんですが、
なぜ書かないか。

実は近赤外線の反射だけでは、
暑さを抑える効果は極めて限定的なんです。
近赤外線とともに遠赤外線も反射しないと
暑さを抑える効果はたいして見込めません。

そのことを知らない人も多いですから、「近赤外線」と
書いても支障はあまりないかもしれませんが、
念には念を入れて?

「消費者にはできるだけなんだかわからないようにね」


スポンサーサイト
2008.12.22 Mon | ガイナ | T:0 | C:0
渋谷公園通りは・・・ゴシックに
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

先日、ノエルのParis by nightな風景を
友人テイコさんが送ってくださった写真で
堪能し、パリに思いを馳せましたが、

一方、事務所のある渋谷は・・・

渋谷のメイン通りのひとつ公園通りは
毎年ノエルの季節になると、木々に電球が飾られます。

今年はその木々の根元に大きなプロジェクターが置かれ、
こんなことに・・・
1219kouen1.jpg
(青バージョン)

5色ぐらいに色が変わり・・・
1219kouen2.jpg
(赤バージョン)

近くで見るとこんな感じ
1219kouen3.jpg
(遠くにレインボーバージョンが見えます)


写真で見ると、わりあいいい感じですが、
実物は「おいおい、どこのゴシック好きがこんなことを・・・」


ちなみに事務所のある公園通りの上の方には
ゴシック・プロジェクターは設置されておらず、
こんな感じ。
1219kouen4.jpg


こっちの方がサイレント・ナイトな感じがするんですけど・・・
まあ・・・地味って言えば地味?






2008.12.19 Fri | 東京 | T:0 | C:0
シャンゼリゼもエコ重視~
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

パリ在住の友人テイコさんから、パリの写真が届きました。

こちらはシャンゼリゼ通り。
2007年の冬からそれまでのオレンジ色の
電球に代わり、青白い光のLED電球になったとか。

シャンゼリゼ

これにより、大幅な電気の節約に成功したそうです。

でもな~、
フランスの自動車のヘッドライトはオレンジがかった色の
ものがほとんどなうえ、街灯ももちろんオレンジ色。

そこに青白い光はちょっと・・・ちがうような。


一方、こちらはパリの2大デパートのひとつ、
ギャラリー・ラファイエット。

ギャラリー

2003年より、建物外観に大々的なイルミネーションを
飾り、すっかりパリの冬の風物詩になっているそうです。

ハデですね~、ハデですね~。
景気よさそうですね~。

ギャラリー・ラファイエットのすぐ隣には、
2大デパートのもう1つであるプランタン・デパートが
建っているのですが、こちらは、
さすがフランス人?
どんなにギャラリー・ラファイエットがハデな電飾で人気を
集めても、静観の構え。
お隣はお隣、うちはうち、ってことで。


最後は、ギャラリー・ラファイエット内に設置された
クリスマスツリー。
写真は3階から撮影しているようですが、
何階まで達しているのかわからない巨大ツリーです。

ギャラリー2


パリに行きたくなりますね~。





2008.12.16 Tue | フランス | T:0 | C:0
ガイナの暖房効果をテスト-準備
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

子どもの勉強机の下を『ガイナで囲ってコタツ化計画』の
準備中です。

買ってきたのは910ミリ×910ミリのベニヤ板(1枚約400円)。
これを机の側面、裏面、床面に合わせてカット。
机の下をこのベニヤ板で囲い、小型のパネルヒーターを
おいてコタツ状にしようという魂胆です。

そのカットしたベニヤ板にガイナを塗りました。

1212gaina_panel1.jpg


塗布に使ったのは、100円ショップで売っている
こんな料理用のヘラです。

1212gaina_panel3.jpg


これで“コテ塗り”仕上げにしました。
ガイナはセラミックビーズが大量に入っているため、
こんなヘラですくって塗ることができます。

“コテ塗り”ですから、当然、でこぼこ模様ができます。
(ただの塗りムラ、という意見は却下しました)

1212gaian_panel2.jpg

う~ん、ウロコ型にすれば、南欧風だったかも・・・

ガイナは自然乾燥させることで、
その間にセラミックビーズが塗膜の中で浮き上がり、
壁を作ります。

塗膜自体は、ある程度の温度があれば数時間で
触っても手につかないほどに乾燥しますが、
本格的に効果を発揮するためには、
セラミックビーズの壁がしっかりできている必要があります。
その壁が完全にできるのに、約1週間かかります。

現在、乾燥中。

来週あたり、温度測定する予定です。




2008.12.12 Fri | ガイナ | T:0 | C:0
あくまでも誠実に
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

1日の鹿児島に続き、2日には熊本まで
足を伸ばしました。

レンタカーを借りて、九州自動車道を
2時間半です。

熊本でお会いしたのは、熊本市で塗装を中心とした
リフォーム業を営むフジモト創社の藤本さん。

遮熱塗料の実験をブログに載せていらっしゃったところから、
ご縁をいただいた方です。

HPを拝見して誠実な方だろうなと想像していましたが、
想像以上に誠実な方で、
見積をだすと、それまでのやりとりでお客さまは
藤本さんのことをすっかり信用し、
塗料ほか「すべてお任せします」と全幅の信頼を
寄せてくださる場合がほとんどだそうです。

そしてだからこそ、塗料についても施工についても、
その信頼を裏切らないように、研鑽をつんで
いらっしゃるご様子。

この夏ごろから、遮熱塗料の実験を数々なさっており、
その中にはガイナを使ったものもあります。

こう言ってはなんですが、
実はガイナの成績が一番いい・・・!!

藤本さんもそこは買ってくださっていますが、
なんといっても誠実な方ですから、
自分の目で体で効果を実感しないかぎり、
お客さまには薦められません。

そこで・・・

年が明けたら、ご自宅に試験的に
塗ってくださるとか!


熊本市、および近郊の皆さま、こんなすばらしい
塗装店さんがご近所にあるんですよ!

藤本さんは、
「来年は遮熱塗料を極める」のだそうです。

2008.12.05 Fri | ガイナ | T:0 | C:0
鹿児島とガイナ
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

12月1日に、鹿児島に飛びました。
この日は冬晴れの澄んだ日で、
飛行機からの富士山の美しさといったら!

081204fuji.jpg

さて、鹿児島ではコンクリート打ち放しの住宅の
外壁と内壁に直接、断熱塗料を塗った
お宅を訪問させていただきました。

コンセプトは明快です。
「1)強固であること、2)デザイン重視、3)低コスト」

強固であることと、デザイン重視という観点から
コンクリートの打ち放しがあっさり決定しました。
が、住み心地を左右する断熱をどうするか、が問題でした。

コンクリート住宅によくある外断熱にすると
コストがぐんと跳ね上がってしまいます。

そこで建築士が出した答えが、断熱塗料での断熱。
一般的な断熱材を一切使わず、外壁にも内壁にも
断熱塗料を塗布するというものでした。

お施主様はといえば、担当した建築士をうならせるほど、
住宅について勉強なさっており、
住宅の性能、建材についてはもちろん、古今東西の
建築士の設計した住宅について幅広い知識をお持ちでした。

その中の1つが、分厚い鉄板でできた家。
断熱は、鉄板の両面に断熱塗料を塗っただけのものです。

「最初に塗料のカタログを見せられて性能だけを
説明されたんなら、信用しなかっただろうね。でも、
鉄板の家のことを知っていたし、デザインを重視しようと
思っていたから。断熱塗料でいいんじゃないかな、と」

ということで、正直、半信半疑ながらも
断熱塗料だけでいくことを即座に了承なさったとか。

081204kara.jpg



気になる住み心地は?

暑い鹿児島の夏にも、
午後に28度設定でクーラーを数時間かけるだけ。

冬の寒さも、
コンクリート打ち放し特有のひんやり感はなく、
小さなエアコンだけで十分すごせるそうです。



2008.12.04 Thu | ガイナ | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。