FC2ブログ
プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
こんなところにもガイナが!
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

今日は関係者しか知らない
「こんなところにもガイナが!!」情報を。

アサヒスーパードライが1月19日から3月17日までやっている
「うまい!をカタチに!」プロジェクトの第一弾で、
ガイナを塗ったビアクーラーボックスが
プレゼントグッズとなりました。

こんなの↓
beer_pool.jpg



これはガイナが技術ライセンスを受けている
JAXA(宇宙航空研究開発機構)がらみで
開発されたグッズです。


暑~~い夏に、テーブルの上にどーんと置いて
みんなでじゃんじゃん飲みたいとき、
氷が溶けにくく、しかもボックスの表面に結露が
しにくいので、テーブルがびしょぬれになりにくい
というなかなか使えそうなボックスです。

欲しい!



でもうちはビールを飲まない・・・んですけど。

スポンサーサイト
2009.01.28 Wed | ガイナ | T:0 | C:0
フランスの一戸建てその2
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

昨日の続きでフランスの住宅について、
フランス人の業界関係者の認識を少々。

ラジオでは続いてドイツに近いフランス東部の街、
ナンシーを本拠地とする建築家が登場して、
日本でも最近少しずつ話題になりだした
パッシブハウス(日本では無暖房住宅と言ったりしますね)に
ついて語っていました。

彼もまた言います。
かつてフランスはきちんと断熱した(彼は「マントを着た」
と言っていました)住宅を造っていたのに、戦後そうした家を
忘れてしまった。ドイツでは30年も前からパッシブハウスが
登場し普及しつつあるのに、フランスではその存在が
語られ始めたのはようやくここ10年のこと。

断熱においては、とりわけ窓の断熱対策と気密性が大切で、
気密性をアップした場合、熱交換機能のある換気が
必要となるが、パッシブハウスの思想がまだまだない
フランスでは熱交換型換気扇の需要は全くない。

これはフランスにおいてパッシブハウスに
関する情報がないことも原因の1つだ。
自分はドイツにいってパッシブハウスに関して学んだが、
ドイツ人に言われた。「この10年でパッシブハウスについて
勉強に来たフランス人は君で3人目だよ」と。

また断熱においては、家の外側の断熱とともに、
内側の断熱も同時にすると有効だ。

断熱性能をあげたり、気密性を確保するために、
なによりも施工の正確さが問われ、
この点においてもフランスには大きな問題がある。


だそうです。

フランスも日本と同じようなことが
問題となっているんですね。

2009.01.23 Fri | フランス | T:0 | C:0
フランスの一戸建て・その1
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

日本の住宅の断熱性能を語るとき、
「まだおそまつである」ということを強調するため、
「欧米の住宅は」と、その断熱性能のよさを
ことさら引き合いに出したりします。

以前にも書きましたが、「欧米」は広い。
フランスの住宅に関して、
先日フランスのラジオでやっていました。

フランスでも現在の不況を抜け出すための
ポイントの1つは環境ビジネスであることが
認識されています。

フランスの環境ビジネスの専門家によると、フランスは
●水処理、●ゴミ分別・処理、●大気関連
は進んでいるものの、より伸びしろのある再生可能エネルギーの分野や
長寿命住宅の分野では、遅れているとか。
この分野で進んでいる欧州の国はドイツとスウェーデンだそうです。

家の断熱に関しては、60~70年前までは
すごい技術をもっていたが、現代の住宅には大いに問題があり、
断熱性や気密性などで認識を改め、「持続性」という観点から
新しい文化を創造しなければならない、と考えているようです。

その専門家が言うには、フランス人の自然に対する意識は
かつては「自然と対立していた」
その後「人間が自然を征服した」と変遷し、
そしてこれからは「自然とともに生きる」と180度転換すべきだとか。

「自然とともに生きる」なんて
日本人が大昔からやってきたことですよね。

(つづく)




2009.01.22 Thu | フランス | T:0 | C:0
たかが100円・・・?
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

数日前ですが、テレビで年末に解雇され住むところをなくした
元派遣労働者が、ようやく仕事が決まり、
あたらしいアパート(寮?)に入って、生活を始めようとしている場面で
インタビューを受けている番組がありました。

最初から見ていたわけではないのですが、
インタビューで彼は、仕事が見つかったことに
感謝しつつ、国がもっと彼らのことを気づかってほしい、
というようなことを語っていました。



でも違和感が・・・



カメラは彼が真新しいトイレカバーをふたに
はめているシーンや、洗面所に歯ブラシ立てを
置いているシーンなどを追っています。

便器のふたカバーや歯ブラシ立て・・・?

100円ショップで購入したものかもしれません。
でもそれって真っ先に買うべきもの・・・かな・・・?

彼にとって今もっともやるべきことは、
自分の価値を高めるために投資することじゃないのかな。

たかが100円や200円だから、と考える人は、
たかが10分や20分という考え方もするでしょう。

でもその100円や200円、10分や20分が
重なっていったら・・・?

そんな境遇にない者が自分勝手にモノを言うのは
無責任なことでしょう。
でもそんな境遇から絶対抜け出そうと決めたら、
便器のふたカバーを買っている場合じゃないと思う。





2009.01.21 Wed | 生きる | T:0 | C:0
人のふりみて我がふり直そう!
ブログにおこしください、ありがとうございます。

我が家は毎月5のつく日に20リットルのお水が届く
契約をしています。
「ミネラルウォーター10日間コース」です。

昨年末。
本来25日に届くはずの水が22日に届きました。
発送は20日。
ここの会社はもともと1、2日早く送ってくるのが
普通だったの、まあしょうがないなーと。

でもその前のがまだ残っていたので、
飲み始めたのは25日から。

で、なんと・・・

28日に再び水が届いた。
伝票を見ると、26日発送となっている!

どういうことかと問い合わせたところ、
配送センターが27日から年末年始休暇になるので、
つまり1月5日分をすでに送りつけてきたらしい。

はあ?

彼らのコンピュータ上では前回の発送が
12月20日で、今回は26日だから
間が6日あいており、大義名分はたつ、
と考えたのでしょう。

だけどうちは25日から飲み始めたばかり。
10日間コースで8日前に送られてきた日には・・・
20リットル入りの段ボール箱はじゃまでしょうがありません。

結局「契約違反でしょ!」と着払いで送り返しました。

年が明けて仕事始めの日に先方の会社から電話があり、
「申し訳ありませんでした。確かに早すぎました。
なんとか、かんとか」と謝罪と言い訳をすること15分。

で最後に。

「ところで、返品はお客さま都合ですので、
送料はお支払いください!」



     ・・・・・・・・・・・・・・


つまり、アレですか。
不良品でないかぎり、返品は客の都合であり、
過失であるから、送料は負担しろと?

こういう会社都合な対応がどれほど不快か、
思い知らせてくれたことに感謝すべきでしょう。

人のふりみて我がふり直そう!!


2009.01.09 Fri | 生活 | T:0 | C:0
ガイナこたつ~その後
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

のんびりアタフタしているうちに年は暮れ、年は明けて。
皆さま、今年も張り切ってまいりましょう!!


というわけで、ようやくガイナこたつが完成しました。

kotatu_1.jpg

              ↓

kotatu_2.jpg

奥に置いてあるのは、消費電力200Wで、
時間あたりの電気代が5円といううれしいパネルヒーター。
トイレや洗面所、あるいはこうして
机の下などで活躍してくれそうな暖房機です。


しかし、見栄えは・・・あまりよくない。

効果は・・・
足置きに渡してある横木の中央あたりの温度を
5分毎に30分間測定してみました。

スタート温度はどちらも8.3度








こたつなし5分10分15分20分25分30分
ヒーター(℃)6171.670.16972.965.8
室温(℃) 8.311 13.616.2 16.6 18.4 19.7
こたつあり
ヒーター(℃) 64.876.27876.974.574.2
室温(℃) 8.312.1 14.417.8 17.4 20.8 20.4

(ごめんなさい。表がうまく作れません)

最大差は2.4℃。
まあ、おおむねガイナこたつのある方が高めではありますが、
「おおっ!」と胸躍らすほどではありません。

一方、パネルヒーターの方が奥にあるし、ガイナ板に近いせいか、
温度差はずいぶんあります。
このパネルヒーターが常時高温を保っていられることで、
室温にも影響しているのでしょう。

とはいえ、気密性はゼロ(前面は全開ですから)では、
この程度の差が限界ということでしょうか。

実際、イスに座って使ってみたところ、
「まあまあかな」・・・という感じ。

ガイナが余っていたら、やってみてもいいかな、
ということで。



2009.01.08 Thu | ガイナ | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。