プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
花粉症になりにくい子どもの育て方
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

横浜市の理研横浜研究所が
「子どもを花粉症にしないための9カ条」を紹介しています。

それによると、
1)生後早期にBCGを接種させる
2)幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる
3)小児期にはなるべく抗生物質を使わない
4)猫、犬を家の中で飼育する
5)早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす
6)適度に不衛生な環境を維持する
7)狭い家で、子だくさんの状態で育てる
8)農家で育てる
9)手や顔を洗う回数を少なくする

だそうです。

1)と2)はまあ、現代社会でありがちな内容ですが、
3)以下、特に5)以下は、今時のおかあさんにしたら
腰が抜けそうな内容です。

今の日本社会にケンカ売ってんのか、とも取れます。

狭い適度に不衛生な環境で、
大勢の子どもをペットと一緒に、
多少ばっちかろうが、
手や顔が汚れようがへっちゃら、
どーんと構えて育てろ!

ってことですよね?

あはは~、すばらしい!
だよねーー、って感じです。

以前タイを旅行したとき、プールの水で
思いっきりおなかを壊しました。
プールで泳いだ後、プールサイドでのんびりし、
さて部屋に引き上げようと思ったときには
起き上がれなくなっていました。

その日1日悶絶して、翌日は水上マーケット観光です。

復活しきっていない体で船に揺られていると・・・
なんと! 子どもたちがすっぱだかで
川に飛び込んで遊んでいるではないですか!!!

もう生活汚水も糞尿もなにもかも流し込まれているんじゃないか、
と思えるようなオソロシイ川です。

あんな川に飛び込んだら1日寝込む程度では終わらず、
死ぬほどの目にあう自信がありますっ!


今の日本は神経質すぎるし、自然を遠ざけすぎでしょう。
その結果がアレルギーだったり、ストレスだったり、
神経症だったりするんじゃないでしょうか。

本来もっている生命力は自分が考えているよりも
よほど強いにちがいありません。






スポンサーサイト
2009.02.25 Wed | 生活 | T:0 | C:0
東京都の省エネリフォーム事例
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

東京都は2月16日、優良な省エネリフォーム事例16例を発表しました。

これは、既存住宅の省エネリフォームを促進するため、
昨年秋に、既存の戸建住宅や共同住宅から、断熱性能の向上や
日射遮蔽性能の向上を実現した例を募集していたもの。

選ばれた16例はすべて施工費用、施工会社名とともに
紹介されています。

東京都のHPで紹介される予定ですが、
まだ記載されていないようなので、関連記事はこちら


さて、その16例中、なんと2例がガイナを使った
『屋根の日射遮蔽性能の向上』例でした!!
事例10番と11番がそれです。

屋根の断熱性能向上には、そのほかウレタン拭き付けによる
断熱力アップを図った例が選定されていますが、
注目すべきはそのコスト!

ガイナを使った事例では、
屋根面積150㎡の施工コストが約60万円なのに対し、

ウレタン吹き付けでは、
屋根の工事面積115㎡で143万円!!

ガイナと一般的な断熱材では断熱の方法が異なるため、
熱伝導率という計り方での単純な比較だけで
すべてを語るわけには行きませんが、あえてやってみると、

ガイナの熱伝導率は、0.035W/m.k
ウレタン吹き付けは、0.02~0.03W/m.k

ウレタンにランクがあるうえ、厚みも関係するので、
ウレタン吹き付けがどのくらいガイナより性能がいいのかは
上記のデータだけでは正直なところわかりません。

しかしながら、ガイナでの塗替えは
屋根の塗替えも兼ね、住宅の寿命を延ばす役にも
立っていることを思えば、

おトクな選択肢です!!








2009.02.19 Thu | ガイナ | T:0 | C:0
渋谷の真ん中で・・・
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

祝日の今日、夫が渋谷のセンター街を歩いていると
パトロール中の警察官ふたりとすれ違ったそうです。

すれ違った後で、ビックカメラで買い物があることを
思い出し、来た道を戻ったところ、
さきほどの警察官が10代の若者の持ち物検査の真っ最中。

「えへへ~、ご苦労さん」と思ったとか思わなかったとか。

と、突然。二人組みのおまわりさんの一方が、
夫に向かって「あ、ちょっとちょっと」と。

「え? オレ・・・?」
「あ~、あなた先ほど別方向に向かっていたのに
戻ってきましたよね?ナンの用ですか?」
「いや、ビックカメラで買うもんあったの忘れていて」
「あ~、ちょっとカバン見せてもらえます?」
「はい?」

と言いつつ、有無を言わさず持ち物検査を始めたそうです。

幸いにも? たいしたモンを持っていなかったので、
「ご協力ありがとうございました~」で終わったようですが、

皆さま、渋谷のセンター街ってご存知ですか。
まあ、お若いやんちゃそうな方々がどーんといます。

どーんと。

そんなヤンキーな子どもたちの視線をおそらく一身に浴びながら、
40も半ばのオッサンが【持ち物検査】!!!!

“あのオヤジ何やったん?”
“お、オッサンつかまってる! ケケケっ”
“見てみて~、オヤジ!!! マジ、ヤバクなくなくな~い ”
(そのほか心の声いろいろ)

本人いわく、20代のころは散々職質されたけど、
「久々だった~~」

どんなっ?!



2009.02.11 Wed | 東京 | T:0 | C:0
加山又造展
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

六本木の国立新美術館で開催されている
「加山又造展」に行って来ました。

kayama.jpg

http://www.kayamaten.jp/

すごい・・・

感想文は書けません。
東京近郊にお住まいでない方には申し訳ないのですが、
見てください、としか言えません。



なかには、「個人蔵」という作品も多くあり、
はああ、これ個人で持ってんだーーー!

という気分です。
(いきなり俗っぽくなってしまいました)

2009.02.10 Tue | 生きる | T:0 | C:0
レジ打ちひとつで
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

近所のスーパーでは新入りのレジ打ち係さんは胸に
「研修中」という札をつけています。

この「研修中」の方々、慣れていないだけに、
レジ打ちに性格が思いっきりでます。
数分のおつきあいですが、それは一目瞭然。

大きくわけてタイプは2つ。
きびきび動いて、最後はにっこり客の目をみながら
「ありがとうございました~」と言う人。
バーコードを読み終わった品を入れたカゴも
整理整頓されています。

もう1つは、自信なげにモタモタした挙句、
バーコードを読み終わった品を入れたカゴは
単に読み終わった順に山積み。
お会計も「心はもう次のカゴ~」余裕なし。

この2つのタイプに年齢は関係ありません。
なんていうか、「性格と生活、見えちゃいました」、という感じです。

昨日は混んでいる時間帯だったこともあり、
バーコード係とお会計係の2人体制でやっているレジを
選んで並びました。

が・・・



しまった!!

と思うのに時間はかかりませんでした。

バーコード係をやっていたのは、40~50代のおじさま。
別におじさまのレジ係だから「しまった!」と思ったわけでは
ありません。

このおじさま、おそらくこれまでは
スーパーでお買い物とは無縁な生活を送ってきた人らしく、
もたもたのレベルをはるかに超えていました。

バーコードの位置は、普通に毎日ごはん作っている人なら、
なんとなく見当がつくものですが、
(ロゴがここにあるなら、あのへんかな~、という感じ)
このおじさまは読み取り機の前で360度くるくる回し。

スーパーのレジに週何回か並ぶ人なら、
並んでいる人がどんな早さで商品をバーコードに通すことを
期待しているかイメージできると思いますが、
このおじさまは蝶々が飛ぶ速さ。ひらひら~

あげく、バーコードを読み終わった商品を反対側のカゴに
ぼんぼん入れる。柔らかいパンの上に
角の尖ったものがこようが、重いものがこようが
目にすら入らない様子。

お会計に入っていたヘルプの先輩レジ係さんが
甲斐甲斐しく手取り足取りしていましたが・・・

う~ん、このおじさまがどうしてレジ打ちをやろうと思ったのか
わかりませんが、

いくら経験がなくても、
想像力までなくしてはダメでしょー。







2009.02.04 Wed | 生活 | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。