FC2ブログ
プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
DIYのすすめ
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

季節がよくなるにつれ、
DIYでご自宅の壁にガイナを塗ろうという方からの
お問合せを最近では毎日のようにいただきます。

フランスでは、部屋の壁塗りは
業者に頼むものではありません。
ごくごく気軽に自分たちの手で塗り替えます。

トムソーヤのお話にも、壁塗りをいいつけられた
トムソーヤが友人たちをうまく乗せて
やらせてしまうシーンがあることから、
アメリカでも、壁塗りはごくごく一般的な
作業なのでしょう。

日本では、室内の壁はクロスが一般的ですし、
外壁は完全主義者の方が多いからでしょうか、
塗る時間がないからでしょうか、
自分で塗るという発想はほとんどありません。

もちろん、面倒くさい、という理由も大きいでしょう。

でも、ガイナは価格がある程度高額なためでしょう、
塗装工さんに頼まずに、
「自分で塗っちゃおうか」という方が多いようです。

これが意外におもしろいんです。

いえ、ラクラクお手軽~、というわけにはいきません。
何が大変って、下準備です。

塗布面をきれいにしたり、
色がついてはいけないところを養生したり。

これは料理でいえば、きれいに洗ったり、
下ゆでしたり、といった下ごしらえ。

化粧なら、丁寧に洗顔して基礎化粧品で肌の状態を整え、
下地クリームなどで肌色やらシワやらシミやらやら
(ああ、たいへん!)きめを整えるベース作り・・・

女性ならわかってくださると思いますが、
このベース作りの成否が、化粧の出来栄えやもちの
成否を握るように、壁塗りも下準備の丁寧さが
できあがりや耐久性を左右します。

それでも自分で塗られた方は
「タイヘンだったー」とおっしゃりつつも
一様にご満足していらっしゃいます。

お子様もご一緒にご家族総出で塗られた方。
お友だちも巻き込んで塗られた方。
塗装中に壮大なストーリーが広がった方・・・

パリジャン気分で気軽にやってみるのが良いようです!








スポンサーサイト
2009.04.28 Tue | ガイナ | T:0 | C:0
人魚伝説の星からきたヒト
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

帝国劇場で上演されている
大地真央主演「マイフェアレディ」を観ました。

なんなんでしょう・・・!!!
彼女は、同じ地球生まれなんでしょうか!?

もう50歳を超えているそうですが、いや、
年齢詐称ではっ!? キレイすぎるでしょ。
でも20代かと問われれば、あんな熟れた20代が
いるわけもなく、う~む・・・
人魚伝説(不老不死の伝説のことです)がある別の星で
生まれたヒトではないかと。

何をどうしたらあんな容姿を保っていられるのでしょうか。
まさか「化粧水と乳液しか使っていません~」なんて
ことはないと思いますが、
いやいや、絶対そんなエコなはずがない。

それにしても50歳を超えてあの輝きはすごい!!
マドンナもすごいけど、大地真央さんもすごい。
ハンパではない自己節制の賜物なんでしょうね。
(たとえハンパないお金がかかっているとしても)

帰りの地下鉄の中でガラス窓に映る現実に
落ち込みながらも、ちょっと背筋が伸びた夜でした。


2009.04.24 Fri | フランス | T:0 | C:0
春のセーヌ
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

フランス在住の友人から、セーヌ河の春の風景が
送られてきました。

フランス郊外

パリ郊外

ここはパリからフランス北部のノルマンディーに行く途中にある
ガイヤール城という城跡(すでに廃墟)です。

長いセーヌ河流域でも、
ここから見下ろすセーヌの眺めが一番と言う人も多い場所。

特にこの季節は、まだ産毛に包まれ
光沢の代わりにふんわりと霞んでいるように見える
新緑が広がり、胸が痛くなるような美しさです。

こんな景色にフランスの地方の古い民家が
似合いますね~。

でもDIYが大好きなフランス人のこと。
100年以上も前の伝統的な外観はそのままに、
内装は思いっきりモダン、なんていう家もたくさんあります。

内壁のペンキ塗りなんて、基本中の基本らしく、
自分たちでごくごく気軽に塗り替えます。
先日もあるフランス人と話していたら、
自然素材を多量に含む塗料で内壁の塗替え中、
という話になりました。
フランスでもエコ建材に注目する人が増えているようです。

断熱ができる塗料に関しては、
聞いたことがないと言っていましたが、
壁を塗料で塗ることが「フツウ」の彼らにとっては、
とても身近なものとして興味をもったようでした。






2009.04.22 Wed | フランス | T:0 | C:0
桜・・・あと何回?
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

近所の桜が満開です。
夕方の5時半ごろ通りかかると、
オレンジ色に染まりつつある空を背景に
それはもう怪しいほどの美しさ。

空のオレンジににじむように同化する花、
オレンジ色を映す花、
陰影に沈む花・・・

桜にざわめきます。

竹内まりあさんの歌に、
「満開の桜や色づく山のモミジをこの先いったい何度、
見ることができるだろう」

というような歌詞がありますが、
考えてみれば、年に1回しかこの風景は見られないわけですから、
後何回か知っていて、ざわめくのかも・・・


2009.04.07 Tue | 生きる | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。