プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
オスカルさま~なコスプレ
ブログのおこしくださり、ありがとうございます。

フランス在住の友人からまたステキーーー!な
写真が届きました。

ヴォー1

ここはパリの南東にあるヴォー・ル・ヴィコント城。
このお城の美しさに嫉妬したルイ14世が
「もっとすごいの造れ!」と命令してできたのが
ヴェルサイユ宮殿です。

さて、このお城では毎年夏至の日に
仮装、つまりコスプレイベントが行われているとか。
身につけていいのは、このお城が建てられた当時
つまり17~18世紀の衣装限定。

ヴォー3

レンタルもできるのですが、レンタル衣装は化繊のもの
ばかりだそうで、王朝風コスプレ好きは1年かけて
自前の衣装を製作するのだそうです。

ヴォー2

に、似合っている・・・
むちゃくちゃ似合っていますね。
子どもも大人も、男も女もおばさんもおじさんも
こんな格好が似合うなんて!さすがフランス人!?

ヴォー4

こちらは三銃士?

ちなみにこちらのお城は個人所有のものだそうで、
それもびっくりです。

スポンサーサイト
2009.06.24 Wed | フランス | T:0 | C:0
比叡山ろくでガイナをDIY
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

比叡山ろくの緑濃い美しい土地に建つ別荘に
IさまはガイナをDIYで塗ってくださいました。

isizawa1.jpg

もともとは一般的な塗料で塗替えをする予定だったものの、
ある日、奥様が新聞の折込チラシで見つけたのだそうです。

あの住友不動産の大ヒット企画「新築そっくりさん」の
見学会を告知するコピーに、

「外壁に断熱性のある特殊セラミック塗料ガイナ
塗装中です!」とあるのを。

調査や研究に時間を惜しまないIさまは、
早速インターネットでガイナのことを調べ上げ、
翌日にはガイナのショールームを訪問。

さらにその足で株式会社レノヴァを訪れ、
ガイナをご注文になりました!!!

しかも! お値引きした価格をご提示すると、
「値引きはしなくていい!!」ときっぱり。

「いや、それは、ぜひ、この価格でご購入ください」
とあわてふためいて、なんとか割り引き価格で
買っていただきました。

後で奥様に伺ったところによると、
“値引き=質の低下”と判断して、値引きは大嫌い、
なのだそうで、どこに行かれても「お値引きします」と
言われると、買わずに帰ってきてしまわれるのだとか。

汗・・・ ゆるぎない信念をもっていらっしゃいます。

さて、そんなゆるぎない信念をもったIさまですら、
外壁の塗替えは何度も挫折しかかったそうです。

ガイナを塗るのは簡単なんですが、
下地の準備やらなにやら細かい作業がありますし、
なにより外壁すべては思いのほか広いです。
しかも寒い季節での作業。
いやにもなります。

が、これも後から奥様から伺ったところによると、
もう無理・・・と思うころに、株式会社レノヴァから
電話がかかってきたり、ハガキが届いたり。

株式会社レノヴァでは、DIYでお塗りになるお客さまに
メールや電話、ハガキなどをつどつど差し上げ、
進行状況をお伺いし、ご不明な点はないか尋ねます。

どうやら、この電話やハガキが、


作家先生に原稿の進行状況を尋ねる
(プレッシャーを与えるともいいます)編集者のような
役割をはたしていたようで、

「あのハガキがあったから、完成したんですよ!」
と奥様。

DIYでの塗替えを絶対成功させたい方が
いらっしゃいましたら、ぜひ、株式会社レノヴァへ
ご連絡ください。

完成まで、しっかりとサポートさせていただきます!!!



2009.06.18 Thu | ガイナ | T:0 | C:0
エコリュクスなサービスエリア
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

先日、岡山県まで夜行高速バスで行ってきました。
予定では11時間の旅。飛行機だったらヨーロッパに
到着しています。

途中、2時間おきぐらいにサービスエリアで
トイレ休憩します。

サービスエリアが変わった、とは新聞で読んだり
テレビなどで見て知ってはいたのですが、
実際に見てみると驚きます。

もっぱらトイレしか見ていないのですが、

tatuno-1.jpg

tatuno-2.jpg

このホテルかとみまごう洗面所と化粧コーナーは
山陽自動車、兵庫県の南西部にある龍野西SA。

tatuno-4.jpg

もちろん、トイレそのものも温便座にウオッシュレット付き
なのはいうまでもありません。ひろびろ~

温便座とウオッシュレットはおおむねどのサービスエリアにも
設置されていました。

すごいな~。我が家のトイレにさえついていないのに・・・

むか~し、夜行スキーバスに乗った時にトイレ休憩した
サービスエリアとは文字どおり隔世の感があります。
薄暗い和式
コンクリートむき出しの壁(よくいえば打ち放しですが)
むき出しの蛍光灯・・・寒い・・・


さらに、龍野西サービスエリアの自慢はこちら↓。

tatuno-3.jpg

エコトイレだそうです。

“龍野西SAエコトイレ7つの工夫”
1)太陽光発電による電力供給
2)太陽エネルギーの活用
3)洗浄水に雨水活用を利用
4)LED照明の採用
5)インバーター換気扇の採用
6)節水型便器の採用
7)省電力洗浄便座の採用

最近話題のエコ工夫満載です。

とても居心地のいいトイレですが、
こんなすばらしい公共トイレに慣れてしまうと、


外国では、ホテル以外ではトイレに行けなくなりそうです。
パリには便座すらないトイレがありますから!!
もちろん中腰で・・・!!!!

2009.06.11 Thu | 生活 | T:0 | C:0
ウソの言い方
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

先日、電車に乗っていたところ、
大学生ぐらいの男子3名が隣で話をしていました。

で、聞くでもなく聞こえてしまった会話によると、
もはや、

「ウソっ!?」(びっくり!)とか
「うそっ・・・・」(呆然・・・)といった

「うそ」の使われ方はしないようで。
おそらく上記の気持ちを表したいときは、

「マジっ!?」(びっくり!)
「まじっ・・・」(呆然・・・)にとって代わられたようです。

でも、「うそ」は相変わらず多用されています。
というよりすっかり普遍化してしまったというか。

こんな感じ。

(車内の吊広告に出ているアイドルを指しながら)
Aくん:「この子、嫌いなんだ」
Bくん:「うそ」(ふ~ん)

Aくん:「うん、なんかうざいじゃん」
Bくん:「○○に似てない?」

Aくん:「うそ、そういえば・・・」(え~、そういえば)
Bくん:「だろ?」

もはや「嘘」という漢字の言葉とは別の言葉で、
単に、「そう?」とか「そうなんだ」「ふ~ん」という
相槌になっているようです。


うそ。

嘘じゃありません!

という会話はなりたたないようで。



2009.06.02 Tue | 生活 | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。