プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
ガイナは一度開封してから、どの位の期間で使った方がいいでしょうか?
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

ガイナは一度開封してから、
どの位の期間で使った方がいいでしょうか?」

というご質問をいただきました。


お答え
ガイナのメーカーである日進産業の施工要領では、
「生産日より、3カ月以内に使用」

となっています。

ただ、販売する側がこんなことを言うのはよくないのですが、
食品の賞味期限が、ある程度のサバを読んでいると同様、
ガイナのこの消費期限もある程度余裕をもたせてあります。

ガイナの缶のフタを開けると、
塗料の表面をぴっちりと透明のセロファン紙が
覆っています。

水性のガイナは、生産直後から水分の蒸発が始まるので、
その水分の蒸発を少しでも防ごうという目的です。

ですから、何日間かにわけて塗布を行う場合は、
このセロファン紙も取り置いておき、
塗布時以外は、再び表面にぴっちりと敷いておくと
よろしいでしょう。

こうしますと、3カ月より多少長く保存することができます。
もちろんフタをきっちりするのは言うまでもありません。

いったん硬くなってしまいますと、
品質が変わってしまい、その後はいくら水を足しても
元には戻りませんし、効果も期待できなくなってしまいます。

ですから3カ月以内にご使用になるのが、安心です。



いつでもお気軽にご質問ください。
ガイナに関する「ちょっとマニアックなご質問」は
こちらをご覧ください。










スポンサーサイト
2010.06.30 Wed | ガイナ | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。