プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
ガイナを畳下地コンパネの上に塗った場合の効果は?
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

ガイナを畳下地コンパネの上に塗った場合
どんな効果が期待できますか?」

というご質問をいただきました。


お答え
床下地合板にガイナ塗布した場合、
床から床下へと逃げていく室内の熱損失を
低減することができます。

100706.jpg

その場合、上記のように下地合板の「室内側」
(つまり床仕上材をはるすぐ下)へ塗布してください。
下地合板の床裏側へ塗布するよりも効果が高くなります。


ガイナには断熱効果と遮熱効果があります。

遮熱効果というのは「赤外線」を反射させる働きのこと。
熱を帯びているということは、
赤外線を放射している、ということで、
エアコンやファンヒーターなどの室内暖房器具も、
そうした意味では赤外線を発しています。

一般的な床断熱材(発泡ポリスチレンフォーム等)は
単なる断熱効果しかもっていないので、
熱(正確にいうと、赤外線が「熱化」したもの)の流出を
遅くするだけ。赤外線を反射する機能はありません。

一方ガイナは、赤外線が「熱」になる前の
赤外線自体を反射します。

つまり床下地にガイナ塗布した場合は、
暖房器具から放射された赤外線を
室内側へ撥ね返してくれるわけです。

そういうわけで、暖房効率がとてもよくなります。



いつでもお気軽にご質問ください。
ガイナに関する「ちょっとマニアックなご質問」は
こちらをご覧ください。









スポンサーサイト
2010.07.06 Tue | 未分類 | T:0 | C:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。