FC2ブログ
プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
ガイナにシックハウスの問題はありませんか?
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

ガイナにシックハウスの問題はありませんか?」
というご質問をいただきました。


お答え
まず、ガイナは国土交通省のF☆☆☆☆製品に
認定されています。これは人体に悪影響を与えない素材に
与えられるものです。

ただし、ガイナを塗布した直後は、乾燥過程において、
アクリル塗料から揮発性の物質がでます。

これは塗料と名前のつくものでしたら、
水性、溶媒系を問わず、出ないものはありません。

この揮発性物質は3~4日でほとんど抜け、
その後完全乾燥するまで(夏場なら2週間、冬場なら約1ヵ月)
測定器で測定できないほどの量ではありますが、
最後の数%分がじわじわ出て行きます。

完全乾燥後は、排出物は一切なくなります。

ガイナに限らず塗料であるかぎり、
この揮発性物質がまるでない、
ということは絶対にありえません。

完全乾燥後の塗膜は、80%が自然素材である
セラミックとなり、シックハウスとは無縁です。




いつでもお気軽にご質問ください。
ガイナに関する「ちょっとマニアックなご質問」は
こちらをご覧ください。









スポンサーサイト
2010.07.28 Wed | ガイナ | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。