プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
ガイナは弾性が弱いとか。ひび割れの心配がありますか?
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

ガイナは別の断熱素材と比べて、
弾性が弱いと言う意見を読みました。
ひび割れなどの心配はないでしょうか?」


というご質問をいただきました。


お答え
別の断熱素材というのは、ひょっとしてアステック塗料と
比べていらっしゃるでしょうか?

あれはすごいですよね! インパクトあります。
ガイナはあんな風には伸びません.

しかしあまたの弾性塗料の中で
ガイナの弾性値は相当上位クラスです。

なぜ塗料に弾性が必要か、そのもっとも大きな理由は、
暑さにより塗布面(鉄板にしろ、石膏ボードにしろ、コンクリートにしろ)は
膨張します。そして冷めれば縮小します。

この膨張・縮小を繰り返すことで、
弾性のない塗料の塗膜はひび割れてしまいます。
ガイナはこの膨張による亀裂を防ぐには十分な弾性があります。

ですから、気候の変化によるひび割れは心配いりません。

一方、地震により、ガイナが対応できないような
大きなヒビが入る恐れはあります。

しかしこの場合逆に壁にヒビはできたのに、塗料は伸びて
そのヒビを覆っているのがいいのかどうか、は疑問です。

ヒビに気づかないまま、建物の修繕が遅れてしまうからです。



いつでもお気軽にご質問ください。
ガイナに関する「ちょっとマニアックなご質問」は
こちらをご覧ください。










スポンサーサイト
2010.08.03 Tue | ガイナ | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。