プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
内壁にガイナを部分的に塗ろうと思います。効果はありますか?
ブログにおこしくださいまして、ありがとうございます。

「南側の部屋の一部の壁に結露がでています。
その部分にだけガイナを塗ろうと思いますが、
効果は得られますか?」

というご質問をいただきました。



お答え
これまでの弊社施工の経験から申し上げます。

ある一面を結露対策としてガイナなり、
結露防止塗料のノン結露なりを塗りますと、
その面の結露はもちろんできにくくなるのですが、
その面に接しているガイナを塗っていない面の、
接しているところから数十センチぐらい
(これまでは結露はでていなかったとしても)に
結露がでるようになることがありました。

言葉だとわかりづらいのですが、
たとえば南側一面にガイナを塗ったとします。

するとこの面に接している天井部分、
東側と西側の壁の南面に接している部分から数十センチの範囲、
ということです。

これは、熱がガイナを塗った面を避けて、
塗っていない面に逃げたため、と考えられます。

どの程度でるのか、でないのか、は
やってみないとわかりません。

こうした自然現象はとても微妙なバランスでできてるので、
想定できるリスクを申し上げることはできるのですが、
その規模に関しては計算では出すことができないのです。


ガイナに関する「ちょっとマニアックなご質問」は
こちらをご覧ください。









スポンサーサイト
2010.12.15 Wed | ガイナ | T:0 | C:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。