FC2ブログ
プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
ガイナを塗った屋根から雪が自然に滑り落ちますか?
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

雪国のお客さまから、
「雪国では屋根から雪が自然に滑り落ちるのが
必須なのですが、ガイナを塗った屋根は大丈夫ですか?」


というご質問をいただきました。


お答え
雪が落ちるかどうかですが、ご心配ですよね。
ガイナはセラミックビーズを大量に含みますので、確かに
一般的な塗料に比べますと、表面がツルっとはしておりません。

この場合、屋根の角度と材質、天候がポイントとなります。

1)角度
屋根の勾配角度が30度前後以上あれば、問題ないと思います。
勾配角度がそれ未満の場合、屋根材が問題となります。

2)屋根の材質
-スレートやコロニアル
これらの材質の摩擦係数とガイナの塗膜の摩擦係数はほぼ
同じですので、現時点で問題がなければ、ガイナを塗っても
変化はありません。

-鉄板・金属(亜鉛鋼板やガルバリウムなど)
築5年以上でしたら、それなりに荒れた表面となっています。
現在問題がなければ、ガイナを塗っても変わりません。
築5年未満で、表面がまだツルツルしているため、雪が滑る
となりますと、ガイナを塗ると滑りにくくなる可能性は高いです。

3)天候:雪がすべり落ちる条件
雪がすべり落ちるためには、接している面の雪がある程度
溶けなくてはなりません。太陽光の赤外線は水(雪)を透過
しますので、屋根に雪が積もっていても、赤外線の熱は
屋根に到達します。ガイナの塗膜面はこの赤外線を反射する
ので、ガイナ表面の雪がそれなりに溶けることになります。

そのため、冬季にくもりの多い地方は、溶けにくいこともあります。
逆に北海道のように、比較的晴天の日が多い地方は、
溶けやすい、といえます。





スポンサーサイト
2011.06.22 Wed | ガイナ | T:0 | C:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。