プロフィール

横山

Author:横山
環境改善塗材【ガイナ】の販売代理店でお客さま担当をしています。
さまざまな“エコな家”が誕生していますが、いったいどんな家がもっともエコなのか。自然と健康とエコエコ(環境&節約)をキーワードに極めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
エアコン取付け部分にはガイナが塗れない。大丈夫か?
ブログにおこしくださいまして、ありがとうございます。

「DIYで内壁にガイナを塗る予定です。
エアコンの取り外しができないのですが、
その部分を除いて塗る方法でも問題はないでしょうか?」


というご質問をいただきました。


お答え
エアコンの取り外しはそれなりのテクニックが必要なので、
この部分は除いて塗ることになると思います。

しかし問題がまるでないか、といいますと、
絶対ないとは言い切れません。

エアコンは壁に金属製のプレートを取り付け、
その上に本体を設置する、
というやり方で取り付けられているはずですが、

この金属部分に結露が残る、
という可能性は考えられます。

そのリスクがどの程度か、は残念ですが、
さまざまな要素がからんできますので、

やってみないとわからない、
というのが正直なところです。




いつでもお気軽にご質問ください。
ガイナに関する「ちょっとマニアックなご質問」は
こちらをご覧ください。




2010.11.09 Tue | ガイナ | T:0 | C:0
ガイナが衣服についてしまった!
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

ガイナの塗装中、衣服についてしまいました。
落とす方法がありますか?」


というご質問をいただきました。


お答え
ガイナが衣服についてしまった場合、
まだ完全に乾燥していない状態でしたら、
お湯に浸してこすってくださいます。

かなり取れると思います。

しかしいったん乾燥してしまうと、
残念ながらなかなかむずかしいでしょう。

簡単に落ちてしまうようですと、
壁の上にあっても風雨で簡単に落ちてしまう、
ということにもなりかねません。

水性なので、シンナーなどもきかないでしょう。

DIYをなさる場合は、汚れてもかまわない服装で
作業なさることをお薦めします。

どんなに気をつけていても、結構汚れます。



いつでもお気軽にご質問ください。
ガイナに関する「ちょっとマニアックなご質問」は
こちらをご覧ください。



2010.10.15 Fri | タイトルについて | T:0 | C:0
ガイナを塗った室内、夏場に室内で熱を発生させたものが逆に籠ったりしないでしょうか。
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

ガイナが熱の反射効果によって夏は涼しく、
冬は暖まりやすいとのことですが、この場合、
夏場に室内で熱を発生させたものが逆に籠ったりしないでしょうか」


というご質問をいただきました。


お答え

質問者の方がご心配になっているのは、
「エアコンをあまり使わないという前提で、
炊事や電化製品の発熱が室内に停滞するのではないか」
という点です。

つまり、ガイナを内壁に塗ると、夏に室内で
発生した熱がこもらないか、ということでしょうか。


まず大前提として、
熱は必ず高い方から低い方に移動します。

この移動を妨げることが、
簡単にいえば「断熱」ということになります。

一般的な断熱材(グラスウールにしろ発泡系にしろ)は、
熱の進むスピードを遅くすることで、

ガイナは熱を反射することで、

高い方の熱が低い方に移動することを妨げます。

ですから、「炊事や電化製品の発熱が室内に停滞した場合」、
室内の温度が外の気温より高ければ、
断熱方法がガイナであるか、一般的なものであるかを問わず、
断熱材がなにもない場合に比べ、
熱はこもりやすくなるでしょう。

この場合、エアコンを使用しないならば、
風通しをよくしてあげることが一番だと思います。




いつでもお気軽にご質問ください。
ガイナに関する「ちょっとマニアックなご質問」は
こちらをご覧ください。




2010.10.04 Mon | ガイナ | T:0 | C:0
ガイナの上に別の塗料を塗った場合、ガイナの15の効果は全てなくなるのでしょうか?
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

「とあるサイトに、“ガイナの上に別の塗料を塗った場合、
ガイナの15の効果は全てなくなる”と書いてありました。
本当ですか?」


というご質問をいただきました。


お答え
「全て」というのはまちがいです。

上から別の塗料をコーティングした場合、
たとえば防汚効果や防臭効果はガイナの塗膜表面が
汚れや臭いに触れている必要があるので、期待できなくなります。

しかし遮熱効果や断熱効果はコーティングしていない状態と同じ、
というわけにはいきませんが、一切なくなることはありません。

ガイナの主原料であるセラミックビーズが真っ白なため、
ガイナには真っ黒など濃色がありません。

しかし屋根などには濃い色を望まれる方がたくさんいらっしゃり、
そうした方には、ガイナの白をまず塗り、その上から
お好みの色でコーティングすることをお薦めしております。

その場合、コーティングする塗料は溶媒系でないものをお使いください。

ガイナは水性ですので、その上に溶媒系のものを塗った時、
その溶媒がガイナの塗布面を侵食するリスクを避けるためです。





いつでもお気軽にご質問ください。
ガイナに関する「ちょっとマニアックなご質問」は
こちらをご覧ください。







2010.08.18 Wed | ガイナ | T:0 | C:0
内装に使用して、汚れた場合はどうしたらいいですか?
ブログにおこしくださり、ありがとうございます。

ガイナを内装に使用して、何らかの原因で汚れた場合
どのようにそうじしたらいいですか?」


というご質問をいただきました。


お答え
一般的なビニールクロスの洗浄と同じように
そうじしてくださればOKです。

水ぶきやしつこい汚れなら中性洗剤を使って。

特別なことは何もありません。





いつでもお気軽にご質問ください。
ガイナに関する「ちょっとマニアックなご質問」は
こちらをご覧ください。










2010.08.05 Thu | ガイナ | T:0 | C:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。